今年は梅雨明けから厳しい暑さが続いていますね。暑い夏を元気に乗り切るために、夏バテしない体づくりをしませんか?

【夏バテ】とは‥「体がだるい」「食欲がない」「疲れやすい」「寝不足」などといった夏の暑さにより身体がうまく適応できないことによる体調不良の総称です。
エアコンの効いた室内と蒸し暑い室外の温度差により、自律神経のバランスが崩れ、夏バテと呼ばれる様々な症状を引き起こします。

夏バテ対策

〜十分な睡眠を〜

疲れをとるためにぐっすり眠ること、疲労を溜めない睡眠が大切。前日の疲れを残さないように午前0時前には就寝できるように心がけましょう。エアコンの温度設定は28度で風が直接体に当たらないように、湿度は50〜60%を目安に。

〜規則正しい食事を心がける〜

こまめに水分補給は大切ですが、冷たい飲み物の飲み過ぎは胃腸を弱めるので気を付けましょう。
食事は1日3食をしっかり!暑い夏は簡単な麺類などの炭水化物に偏りがちですね‥。
たんぱく質やビタミン、ミネラルを意識して、バランスのよい食事で夏バテを予防しましょう。

この時期に収穫されるキュウリ、トマト、ピーマンなどの「夏野菜」には、夏バテに効果が高いβカロテン、ビタミンC、カリウムなどが多く含まれているのでおすすめです。また食欲増進に香味野菜や香辛料などの スパイスを使うのもおすすめです。

〜適度な運動を〜

身体を動かして汗をかくことで、身体の代謝機能が働き、体内のリズムが整います。
1日20分程度、軽く汗ばむくらいの有酸素運動がおすすめ!有酸素運動(ラジオ体操・ジョギング・ウォーキング・ヨガなど)は、自分のペースで取り組みながら、程良い疲労感が得られるものが多くあります。

気温の低い早朝や夕方以降がおすすめ、汗をかいたら水分補給を忘れずに🥛

まだまだ暑い日が続きます。食事と運動と生活習慣に気をつけて暑い夏を乗り切りましょう🌻

中込キウチ