啓発活動や支援の意志を示すために身に付けるリボン「アウェアネスリボン(Awareness ribbon)」という言葉をご存知ですか?

直訳すると「気づきのリボン」「認識のリボン」。
訴える課題によってリボンの色が変わり、それぞれにメッセージがあります。
リボンを身につけたり、ブログやSNSで発信することを「リボン運動」と呼ぶそうです。

今回はピンクリボンについて‥

女性の8人に1人が乳がんになる、乳がん先進国のアメリカで生まれた「ピンクリボン運動」。
10月の第3金曜日を「ナショナルマンモグラフィデイ」と制定し、国を挙げての乳がん死を減らす運動が行われています。

乳がん検診を受ける、早期発見の大切さを伝える、ピンクリボンは「気づき」と「行動」の世界共通のシンボルマークです。

ピンクリボン

日本では「ジャパン・マンモグラフィーサンデー(JMSプログラム)」という活動が行われています。
子育て・介護・仕事など多忙な平日を過ごす女性のために、全国の医療機関と認定NPO法人J.POSHが協力して日曜日に乳がん検査が受けられるようにしている取り組みです。
「10月第3日曜日に全国どこでもマンモグラフィー検査が受診できる環境作り」として、今年は10月20日に行われます。

近年は芸能人が乳がんを公表し、早期発見の大切さを伝える場面を多く見かけるようになりまた。
それをきっかけに、「自分はまだ大丈夫!検診は面倒だなぁ。」と思わず一度検診を受けてみようする人が増えたとも聞きます。

 

「10月第3日曜日に全国どこでもマンモグラフィー検査が受診できる環境作り」は長野県では9箇所の医療機関で行われます。
近隣では佐久総合病院で開催されます。
忙しく最近検診してない方や検診をしたことがない方は、これを機に乳がん検診を受けてみてはいかがでしょうか?

中込中央薬局 キウチ