医療施設はもちろんですが、駅、学校、企業などAED(自動体外式除細動器)を設置している公共の施設が多くなっています。

AEDとは心臓が痙攣し血液を流すポンプ機能を失った状態になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムのもどすための医療機器です。

AEDは操作方法を音声でガイドしてくれるので、誰でも使用することができます。

 

突然におきる心停止は、早急の対応が生死を分けます。心臓が止まってしまった人を救うためには、できるだけ早く救命措置を行うことが重要です。

AEDによる電気ショックなどの措置が遅れ、時間が経過するにつれ、救命率は低下してしまいます。救急車が到着する前に一般市民である私たちがAEDを使用して救命措置を早く行うことが重要になってきます。

 

24時間いつでも、誰でも使えるようにと、地区からの要望により、美里薬局の屋外にAEDが設置されました。

公民館などにも置いてあるそうですが、いざという時に屋内にあってはすぐに使えない場合もあります。

屋外にあればいつでも使用できるので、救命率の向上につながるのではないでしょうか。

 

当薬局にはBLS(一次救命措置)プロバイダーの講習を受けた薬剤師がいますので、AEDなどについて疑問があれば、お声掛けください。

 

 

 

 

美里薬局 ニシオ