朝晩涼しいというよりめっきり寒くなり、ぽかぽかとしたこたつの恋しい季節になりました。

季節の代わり目は体調を崩しがちです。今年はいつまでも暑い日が続いた上、急に気温が下がってきたので、からだが気温差についていけないという方も多いと思います。

なんとなく体調が悪いなぁーという時、あたたかいハーブティーがおすすめです!

 

ハーブは日本語では「香草」「薬草」と訳されます。

ハーブというと西洋的ですが、日本の身近な植物にもハーブはあります。シソ、ショウガ、ニラ、セリなどです。

例えばシソであれば防腐・殺菌作用があり、ショウガは血行促進、殺菌作用などがあります。いづれも香りが強く、その香りによる食欲増進、鎮静・興奮作用もあります。

西洋のハーブではやはりラベンダーが有名でしょうか。優れた鎮静作用で精神的なリラックス作用があり、不眠の症状に効果があります。

その他には、タイム、バジル、ローズマリーなど様々なハーブが保存料、料理の香り付け、薬として重宝されています。

薬効や香りによって古くから私たちの暮らしに役立ってきた植物がハーブです。

ハーブティーは、お茶という手軽な方法でその香りを楽しみながら、ハーブの薬効を取り入れることができます。

 

~これからの寒い季節におすすめのハーブ~

☆カモミール  心身をリッラクスさせる効果があり、夜寝る前がおすすめです。また胃粘膜を修復する作用もあります。ほのかなリンゴの香り。

☆エキナセア  免疫力を高める効果があるので、風邪やインフルエンザの予防に効果があるとされています。(妊娠中・授乳中の方、キク科アレルギーの方は使用をさけてください)

☆ショウガ   身体をあたためる効果があります。

☆ローズヒップ  ビタミンCをはじめ栄養素が豊富なため、古くから風邪薬としても利用されています。 ビタミン、ミネラルを多く含み、特にビタミンCはレモンの10倍以上の量といわれます。

 

摘みたてのハーブをそのままお茶として飲んで、ハーブのフレッシュさを味わうのもよいですし、乾燥させたハーブを利用すれば、いつでも気軽にハーブティーを楽しめます。

ハーブの独特の風味が苦手でも数種類のハーブやドライフルーツ、フレーバーをブレンドし、おいしく飲みやすくしたハーブティーもいろいろと市販されています。

コーヒーや紅茶といった飲み物もいいですが、自分の体調や好みにあわせてハーブティーを試してみませんか?

~美里薬局のおすすめハーブティー~

♦マヌカハニージンジャー   ショウガ・レモングラスをベースにはちみつの優しい味わい。からだを温めます。

♦ムーンガーデン  カモミールをベースにリンゴの香りにほのかな酸味。夜寝る前におすすめ。

価格 2g×10パック 500円で販売中です。

                                                                                      美里薬局 ニシオ