アトピー性皮膚炎の外用療法には、症状が出た時に治療するアクティブ療法と、症状の出る前から予防的に治療するプロアクティブ療法の2種類があります。最近はプロアクティブ療法が推奨されています。
プロアクティブ療法はそれまで炎症があったすべての部位に症状がなくなった後も、ステロイド外用剤やタクロリスム軟膏を隔日塗布、週2回塗布、週1回塗布と減らしていく治療法です。使用量に関しましては医師、薬剤師に相談して下さい。

アトピー性皮膚炎の外用療法

アトピー性皮膚炎に関しまして詳しくは下記サイトを参考にされると良いです。
http://www.kyudai-derm.org/atopy/docter/index.html
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa1/index.html