こんにちは、美里薬局の今井です。

「電子お薬手帳」をご存知ですか?

世の中の書類がどんどん電子化している中、お薬手帳にも電子化の波が押しよせてきました。

あなたのスマホがお薬手帳になる「電子お薬手帳」。

これはすごく便利そう✨と思われるかも知れません。

電子化によるメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。

今回の記事では、電子お薬手帳のメリット・デメリットをまとめてみました。

 

電子薬手帳とは?

電子お薬手帳は、その名前のとおり「紙のお薬手帳の電子版」です。

お手持ちのスマートフォンにお薬の情報を保管し、紙のお薬手帳と同様に活用するために作られました。

おくすりの情報はサーバーに保管されているため、スマホが壊れた場合のバックアップも安心です。

スマホからお薬手帳のアプリ(無料)をダウンロードすることにより使用できます。

スマホのお薬手帳アプリには、
・EPARKお薬手帳アプリ
・日薬eお薬手帳アプリ
・お薬手帳Link-簡単、便利な電子お薬手帳
などがあります。

お薬をもらうとき「QRコード」を発行してもらい、それをスマホで読み取ると電子お薬手帳に記録されます。

 

電子薬手帳のメリット

・スマホと一緒になっているので忘れることがない

電子お薬手の一番のメリットは、「お薬手帳を忘れることがない」です。

外出するときはスマホは持ち歩きますよね。
スマホの中にくすり手帳が入っていれば、お薬手帳を忘れることはありません。

たとえば、仕事中に風邪っぽくなり帰宅途中に受診する場合や旅行先で怪我をして受診する場合。

受診しようと思っていなかったけど、急に病院にいくときはお薬手帳はもっていないことも多いです。

他に飲んでいる薬があると、飲み合わせの問題などがあるため服用薬を伝えることが大切ですが、お薬手帳がないとそれが難しくなります。

電子お薬手帳にすればお薬手帳を常に持ち歩いているため、すぐに伝えることができます。

 

・家族の分もまとめて管理できる

電子お薬手帳にすれば、お薬手帳の管理が楽になります。

スマホ1台で家族の薬をまとめて管理することができるからです。

・今日は子供の受診だけど、お薬手帳は間違って自分の手帳をもってきてしまった。
・子供がたくさんいるので、お薬手帳をまとめて持ってくるだけですごくかさばる。

そんなことありませんか?

電子薬手帳にすれば、家族の薬手帳をスマホ1台にまとめることができます。

 

 

・紙の薬手帳にはない+αの機能がある

電子お薬手帳には、紙のお薬手帳にはない機能もついています。

たとえば、アラーム機能。

薬を飲み忘れないようにアラームをセットすることができます。

また薬の説明をみるのも簡単になります。

お薬手帳だけでは、何の薬かわかりにくい場合があります。

電子お薬手帳では、くわしい薬の説明書へすぐにアクセスすることができます。

ジェネリック医薬品にしたらどれくらい差額が出るのかを、簡単に調べることもできますよ。

 

 

電子薬手帳のデメリット

・スマホがないと利用できない

そもそもスマホを持っていないと、電子お薬手帳は利用できません。

電子お薬手帳は、ガラケーやガラホには非対応です。

薬の服用は高齢になればなるほど増え、お薬手帳がより重要になってきます。

しかし高齢者でスマホを持っている方はまだ少ないため、電子お薬手帳の普及もあまり進んでいません。

電子お薬手帳を利用するためには前提として「スマホを使えるスキル」が必要です。

 

・スマホを他人(医療従事者)に見せることになる場合も

電子お薬手用の場合は、服用している薬をお医者さんや薬剤師などの医療従事者に伝える時にスマホを見せる場合もあります。

本来なら電子お薬手帳からワンタイムパスワードを発行して、病院・薬局がそのパスワードを使用して服用薬のデータへアクセスします。

しかし電子お薬手帳の普及がまだ低い現状では、病院や薬局側が電子お薬手帳のシステムに対応していません。

ですので、紙のお薬手帳と同じようにスマホを見せてもらって対応しているケースが多いです。

服用薬以外のスマホデータを見るわけではありませんが、個人情報がつまっているスマホを他人に見せるのに抵抗がある人も多いのではないでしょうか??

スマホを見せるのに抵抗がある場合は紙のお薬手帳にしましょう。

当薬局の場合、電子お薬手帳を使用している方にお薬手帳に記録するための「QRコード」の発行をしてます。

しかし他に薬を服用している場合、スマホを見せていただくか、電子薬手帳を見ながら薬の名前を教えていただくという対応になります。

 

まとめ

今回の記事では、電子お薬手帳のメリット・デメリットをまとめました。

デメリットもある電子お薬手帳ですが、スマホを使いこなせる高齢者が増えてくることなどから電子お薬手帳の利用者は増えてくると考えられます。

紙のお薬手帳にはないメリットもありますので、メリットを感じるようであれば電子お薬手帳を利用してみてはいかがでしょうか。

気になることがあれば当店の薬剤師にご相談ください。

関連記事
>>お薬手帳のメリットは?より良い治療を受けるために必要です
>>処方箋の有効期限はいつまで?期限が切れたらどうする?
>>薬剤師の在宅訪問サービスとは?内容や料金は?