悩んでいる女性

昔はおかきが大好きだったおばあちゃん。
歯が悪くなってからはめっきり食べなくなった。
おばあちゃんにおかきを食べて喜んでもらたい。 

 

このように考えたことありませんか?

年を取り歯が悪くなると、「おかき」のような固いものを食べるのが難しくなりますよね。

そんな歯が悪いご高齢者でも食べれるおかきがあることをご存知でしょうか?

それがフードケアから発売されている「やわらかおかき」です。

今回の記事では、薬局でリピータが続出中の「やわらかおかき」を紹介していきます。

年をとっても、おいしいものを食べたときの喜びは変りません。

おばあちゃんに大好きだったおかきを食べて笑顔になってもらいましょう。

    

「やわらかおかき」はかたさ1/10

こちらが、「やわらかおかき」です。

なんと一般的なおかきに比べてかたさは1/10です。

「やわらかおかき」の製造は、おもちやおせんべいで有名な越後製菓さんです。

  

一袋390円で、なんと8袋入り。

 

お皿にうつすと、8袋も入っているため結構ボリュームがあります。

 

気になる栄養成分はこちらです↓

栄養成分1袋(10gあたり)100gあたり
エネルギー56kcal558kcal
たんぱく質0.3g2.9g
脂質3.5g34.9g
炭水化物5.8g58.2g
食塩相当量0.2g1.7g
カルシウム32㎎320mg
やわらかおかき・砂糖しょうゆの栄養成分

砂糖しょうゆ味は1袋あたり56kcal。間食に1~2袋食べるのにちょうどいいくらいです。

小分けになっているので食べ過ぎる心配もありません。

塩分は1袋あたり0.2gです。

塩分制限時の1日の目安6g/日なので、塩分を気にしている方にも食べていただける塩分量になってます。

カルシウム入りとパッケージに書いていますが、カルシウムは32㎎とそこまで多くありません。

味の種類により、栄養成分が多少ことなります。

味ごとの栄養成分はフードケア公式ホームページに掲載されているので、こちらからご確認ください
>>フードケア:やわらかおかき 

  

サクサク柔らかく、味は濃いめ

やわらかおかきを袋から出してみました。

1袋におかきが7つほど入っています。

手に取ってみると、すっごく軽いです。

食べてみると、口の中でとけていくやわらかさ。

「やわらかおかき」という名前なので、ぬれせんべいのように柔らかいと想像していましたが、サクサクしてやわらかい食感でした。

おかきの固さはどこにもありません。

そして味は濃いめ。

砂糖しょうゆ味は、しっかり甘しょっぱい味付け。

しょっぱいもの好きなご高齢者好みの味つけになっています。

歯が悪くかたいおかきを食べれなくなったおじいちゃんおばあちゃんにおいしいと感じられる味でした。

 

今回は、砂糖しょうゆ味を食べましたが、味は全部で7種類あります。

  • きなこ味
  • コーンポタージュ味
  • うす塩味
  • 砂糖しょうゆ味
  • のり塩味
  • えび味

好みにあわせて味を選べるものうれしいポイントです。

  

歯が悪くておかきをあきらめている方におすすめ

今回の記事では「やわらかおかき」を紹介しました。

やわらかおかきは、下記のような特徴があります。

「やわらかおかき」の特徴

・一般的なおかきの1/10のやわらかさ

・1袋に8つの小分け包装で、食べきれる分だけ食べられる

・1袋50kcal前後と間食にピッタリ

おいしいよ!

口の中で溶けていくようなやわらかさで、歯が悪くおかきを食べるのを諦めていた方にもおかきのおいしさを味わっていただけます。

「一度試しに…」と買って行かれた方が、また薬局にお買いもとめに来られるリピーターが増加中のやわらかおかき。

おかきが好きで昔はよく食べていたのに、最近はおかきを食べなくなってしまったおばあちゃんに最適なお菓子です。

やわらかおかきを食べれば、おばあちゃんの笑顔がみられるはず。

美里薬局には常時2~3種類のやわらかおかきをご用意しています。

気になるお味があれば取り寄せますので、お気軽にお声がけください。