「シンバイオティクス」という言葉聞いたことありますか?

シンバイオティクスとは腸の調子を整える「腸活」方法のひとつです。

腸活と聞くと初めに思いつくのがヨーグルトという人も多いはず。
しかしヨーグルトを食べていれば腸活だと思っている方に、ぜひ知っておいて欲しい言葉が「シンバイオティクス」です。

今回は「シンバイオティクス」についてわかりやすくまとめてみました。

シンバイオティクスを取り入れると、より効果的に腸内環境を整えることができますよ。

 

* シンバイオティクス *

 

「シンバイオテックス」とは、プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせたものです。

プロ?プレ?と聞いても「???」ですよね。

シンバイオティクスは簡単に言うと【乳酸菌と合わせてオリゴ糖や食物繊維をとりましょう】という方法です。

乳酸菌が「プロバイオティクス」と呼ばれ、オリゴ糖や食物繊維は「プレバイオティクス」と呼ばれます。

善玉菌を摂って腸内で育てるシンバイオティクスにより効果的に腸内環境を整えることができます。

腸内環境が整うと、悪玉菌が腸内で増殖するのを抑え、免疫力の向上につながります。

 

*プロバイオティクス*

プロバイオティクスは、善玉菌として働く乳酸菌・ビフィズス菌などを直接とることで、腸内の善玉菌の数を増やし腸内環境を整えてくれます。

善玉菌は腸内に長く住みつくことができないため、毎日続けて摂取する必要があります。

  〜代表的な食品〜

ヨーグルト・納豆・キムチ・漬物・味噌など

 

 

*プレバイオティクス*

プレバイオティクスはオリゴ糖や食物繊維のことです。

胃や十二指腸で分解吸収されず大腸まで届き、善玉菌が増えるためのエサ(栄養源)となります。

 

 〜オリゴ糖を含む代表的な食品〜

大豆・玉ねぎ・ごぼう・ねぎ・キャベツ・ブロッコリー・芋・バナナ・オリゴ糖シロップ…など

 〜食物繊維を含む代表的な食品〜

オクラ・ごぼう・アボカド・バナナ・きのこ類・海藻類・豆類・こんにゃく…など

 

🍴プロバイオティクスとプレバイオティクスの組み合わせ例

・ヨーグルト + バナナ&オリゴ糖シロップ = バナナヨーグルト
・納豆 + ネギ&オクラ = ネギオクラ納豆
・味噌 + 玉ねぎ&海藻&季節の野菜 = 野菜たっぷり味噌汁
・味噌 + こんにゃく = 味噌田楽
・キムチ + 豆もやし&きのこ&豚肉 = 豚キムチ炒め

乳酸菌が含まれるヨーグルト“だけ”をとるのではなく、オリゴ糖や食物繊維が含まれるものを一緒に摂ることで、乳酸菌を効率的に腸内で増やすことができます。

プロバイオティクス+プレバイオティクスで腸内環境を整える相乗効果が期待できます。

腸内環境を整え体の内側から元気になるために、ぜひ毎日の食事で「シンバイオティクス」を意識してみてください。

中込キウチ

 

関連記事
>>便秘になってしまったら… 〜市販の便秘薬の種類と選び方〜
>>市販の胃腸薬、どれを選んだらいいの‥? 症状別・胃腸薬の選び方